コン活ノート

生活情報 目の疲れにも効果的!にんじんの栄養と保存方法の豆知識

目の疲れにも効果的!にんじんの栄養と保存方法の豆知識

  • 料理

更新日:2020年05月01日

食材に含まれている栄養素はもちろん、おいしいにんじんの選び方や保存方法、料理に関するちょっとした裏技など、知って得する情報が満載です!

にんじんの栄養と効能

にんじん栄養

にんじんの旬は秋から冬にかけてですが、全国で産地を変えて出荷されるため、年間を通していつでも美味しく食べられる野菜です。どんな料理にも登場することから、万能野菜とも言われています。

にんじんには「β‐カロテン」が豊富に含まれており、その多さは緑黄色野菜の中でもトップクラス。体内に入ることで、「ビタミンA」に変換され、皮膚の粘膜を丈夫にしたり、免疫力の強化視力の維持などに作用します。特に、目の疲れ目のかすみ充血の改善に効果があるとされており、パソコンやスマートフォンなどで目を酷使している人は、すすんで食べたい食材です。

また、赤みのある京にんじんなどには、「リコピン」が多く含まれており、抗酸化作用による、がんや心臓病、動脈硬化の予防にも効果が期待されます。

おいしいにんじんの選び方

にんじん栄養

食卓に並ぶことが多いからこそ、美味しいにんじんを選びたいですね。そこで、簡単に新鮮なにんじんを見分けられるポイントをご紹介します。

  1. オレンジ色が濃い。
  2. 色ムラなくハリがある。
  3. 切り落とされた茎の断面が小さい。

全体の大きさ、太さに比べて、切り落とされた茎の断面が小さいものは、にんじんの芯も細く果肉がやわらかく美味しいとされています。太いと葉に養分が取られすぎている場合があるので、注意しましょう。

葉付きのものは、葉がみずみずしい状態であるかをチェックしましょう。

にんじんの下ごしらえ

にんじん洗う

にんじんは、皮に近い部分の味が濃く、芯は甘みがないのが特徴。また、にんじんに含まれる「β‐カロテン」は皮の下に多く含まれているので、流水で表面の汚れを落とし、皮はむかずそのまま調理するのがおすすめ。
どうしても気になる場合は包丁、またはピーラーなどで薄く皮をむいてから調理してください。

にんじんの皮のむき方

にんじん皮むき
【包丁使用】にんじんを回しながら皮をむきます。
にんじん皮むき2
【ピーラー使用】長さに沿って縦にむきます。

にんじんの保存方法

にんじん保存

にんじんに葉がついたままの場合は、葉を切り落としておきましょう。にんじんは湿気に弱いので、保存するときは水気をふき取ってから、ポリ袋または新聞紙で包んでから冷蔵庫で保存しましょう。収穫したばかりで土がついているものは、新聞紙にくるんで風通しのよいところで保存しましょう。

切ってあるものは切り口から傷み始めるので、ラップでぴったりと包んでから冷蔵庫に入れ、3日~4日を目安に使い切るようにしましょう。

冷凍保存する場合は、調理しやすい形に切り分けてから保存袋に入れ、冷凍しましょう。

にんじんのレシピ

にんじんを使ったおすすめのレシピをご紹介します。炒め物や和え物、煮込み料理はもちろん、スープやスイーツでも美味しくいただけます

ニンジンのごま炒め
【ニンジンのごま炒め】

千切りにしたにんじんとしらたきをごま油で炒めたら完成。甘辛い味つけでご飯もすすむ一品です。

にんじんのケーキ
【にんじんのケーキ】

すりおろしたにんじんが生地の中にたっぷり入ったケーキ。素朴でやさしい甘さがクセになる味わい。

関連ページ:にんじんのレシピ特集

にんじんのレシピ