ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

生活情報 紙バッグで簡単にできるラッピングアイディア

紙バッグで簡単にできるラッピングアイディア

  • 暮らし

更新日:2018年02月21日

2月14日はバレンタインデー。好きな人に贈る「本命チョコ」、感謝の気持ちを伝える「義理チョコ」、女性が同性同士で渡す「友チョコ」、男性から女性へ贈る「逆チョコ」等々、今では日本でもすっかり定着したイベントの一つです。

最近では百円均一ショップ等でも可愛いラッピンググッズを気軽に購入できるようになりました。
そこで今回は、紙バッグを活用して簡単にできるちょっとしたラッピングアイディアをご紹介します。

1.ラッピングに利用できるもの

お店で見かけるのは、キラキラとした包装紙に、つやつやとしたリボン。でも、ラッピングに使えるものはそれだけではありません。

お店ではラッピンググッズとして様々なものが並べられています。個性を出したい!という方は、素材選びからこだわってみてはいかがでしょうか。
ここでは、いくつかラッピングアイテムを紹介します。

ラッピング素材例

●毛糸 … 太いものや細いもの、種類も様々な毛糸は、工夫すればリボン代わりに大活躍。

●ラフィア … 植物の葉を干してひも状にしたもの。色も様々で、素朴な仕上がりになります。

●ネット … 適度に見せて、適度に隠すことができる便利なアイテムです。

●麻ひも … 天然素材のナチュラルな仕上がりになります。

●和紙 … 和風ラッピングを目指すなら欠かせない紙です。

●セロファン … 柄がないものも、あるものも。光沢感があって豪華に。

2.紙バッグでラッピング

包むのが便利で簡単な紙バッグを利用したちょっとしたラッピング例を紹介します。
マスキングテープやシールをバッグの表面に貼ったり、スタンプを押せばオリジナリティを出すこともできます。

使うもの

【材料】
好きな柄の紙バッグ(底にマチ(幅)があるもの)
好きな柄のリボン
クリップ
タイ(袋の口などを留めるのに使うワイヤー入りのもの)

【道具】
ハサミ

【お好みで】
マスキングテープ・スタンプ・シール

マチのある紙バッグ

リボンを結ぶ

①袋の口からくるくると巻き、筒状にします。その間にリボンを通します。
②袋の後ろで×の形に交差させて、リボンを前に。
③リボンを前で蝶結びにします。
④リボンの先をハサミで切って、形を整えれば完成です。

シンプルにクリップで留めて

①まず初めに、袋の口を山折にします。
②そのまま続いて谷折にし、クリップ等で端を留めれば完成です。
シンプルな留め方なので、柄を少し派手なものにするか、事前にマスキングテープ等で装飾しておくと個性が出ます。

バッグを折り曲げて模様に

①袋の口から山折・谷折を繰り返して、屏風の形を作ります。
②袋の左右を持ち上げて扇形を作ります。
③元に戻らないように、それぞれの端をクリップ等でとめると完成です。
正面から見るとこうなります。 屏風を作る際に中にリボン等を挟み込んで折りこんでいき、最後に両端から出たリボンを上で結んでとめることもできます。

そのままねじってリボンを結ぶ

①紙バッグをぐるぐるとねじります。
②ねじった部分にぐるぐると数回リボンを巻き付けます。
③蝶結びを作って完成です。 結ぶリボンの種類で個性が出ます。2種類の異なる素材感のリボンを結んでも面白い仕上がりになります。

シャツの形に変形させる

①紙バッグを開いてつぶします。
②折り目の部分まで下にハサミで切込みを入れます。
③袋の口からシャツの襟の大きさを折ります。長い場合は2回、3回と折り曲げます。
④折り曲げた部分の下側を、袋が三分の一ずつになるように平行に切込みをいれます。
⑤一度折った部分を元に戻します。
⑥真ん中(シャツの袖部分)を残すようにして、他の部分は元々の袋の折り目の通りに戻します。
下の部分も忘れずに戻します。
⑦襟にリボン等を挟み込んでから再度折り曲げていきます。
(※写真のクリップは撮影用の仮留めです。)
⑧襟の形になるように斜めに折り曲げます。
⑨最後にリボンを結べば完成です。
リボンの代わりに「タイ」を使えばネクタイのようになります。

3.気持ちを伝える小物袋

小さなものや、ちょっとしたお菓子を包むときに便利なテトラポッドの形のラッピングです。

使うもの

【材料】
好きな柄のバッグ(底にマチがないもの)
クリップ
木製の洗濯ばさみ

【道具】
マスキングテープ・シール

【お好みで】
ペーパータグ・スタンプ

①袋を開いたら、左右の折り目を合わせるようにつぶして、三角の形を作ります。
②物を入れたら袋の口を折り曲げて閉じ、テープやシールでとめれば完成です。
テープの代わりに木製の洗濯ばさみ等を使ってとめるのもおしゃれです。
小さなタグを使って、メッセージカードにすると、ちょっとした感謝の言葉も一緒に届けることができます。
普段は言えない気持ちを言葉にのせて贈ってみてはいかがでしょうか。
マスキングテープやシール等を貼れば個性も出せます。

4.包装紙を一工夫してオリジナリティーを

様々な柄がある包装紙を選ぶのも楽しいですよね。包装紙を使ったラッピングアイディアをご紹介します。

使うもの

【材料】
好きな柄の包装紙×2枚
好きな柄の布
好きな柄のリボン
飾りの付いた髪留め

【道具】
ハサミ・シールやテープ

【お好みで】
ビーズ等をワイヤーでつなげた飾り

包装紙を2枚重ねて

①雰囲気の違う二枚の包装紙を、少しずらして重ねます。
②下を折り曲げ、テープなどで固定し、中に物を入れます。
③上をねじってリボン等でとめれば完成。
とめるときにはキラキラとした飾りがついた髪飾りでとめると、リボンとは違った個性が出て面白い仕上がりになります。
袋の底以外はテープ等で固定しなくても大丈夫です。
重ねている部分の包装紙は、ギザギザを作れるハサミで模様を作っておくと可愛くなります。
その他大きさの違うビーズを糸に通して巻き付けたりと、無機質な素材感のものを混ぜると高級感が出ます。

包装紙ではなく、布を使って

包むのに使えるのは紙だけでしょうか?柔らかい布、柄が可愛い布、質感が面白い布等々、様々な表情を見せる布をラッピングに取り入れてみるのも面白いですよ。

①可愛い柄や、お気に入りの布を使って、ちょっとルーズに包みます。
②縦方向にリボンをぐるぐると巻き、蝶結びすれば完成。
紙には出せないやわらかい仕上がりになります。

関連ページ

今年は手作り♥バレンタインレシピ10選

チョコレートを使ったスイーツや料理など、バレンタイン向けのおすすめレシピを集めました。

今年は手作り♡バレンタインレシピ特集>>今年は手作り♥バレンタインレシピ10選