ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

レシピ カップ寿司

カップ寿司

調理時間:20分

  • ごはんもの
  • 炊飯料理
  • 温度キープ・揚げ物
  • その他イベント
  • ごはん・めん
  • イベント
  • 和食

カップすし
オクラの切り口がお星様のように見えるので、七夕のおもてなしにもぴったり。お好みで可愛くアレンジするのも◎三宝産業の「岡山ばらずしの素」を使用したレシピです。

材料 ( 4人前)

2合
雑穀 (1袋)20g
岡山ばらずしの素(2合用) 1袋
2個
(A)砂糖 小さじ1
(A)塩 ひとつまみ
きゅうり 1本
小さじ1/4
(B)砂糖 小さじ1/2
(B)酢 大さじ1/2
オクラ 2本
茹でえび 4尾
サラダ油 適量

作り方How to cook

下ごしらえ

米を洗米し、炊飯鍋の2合の目盛りまで水を加え、雑穀を入れて30分浸水させます。炊飯モード2合で炊飯し、炊き上がったら、岡山ばらすしの素を加えて混ぜておきます。
1
調理工程1

卵に(A)を加えてときほぐし、温度調節機能を140℃に設定し、薄焼き卵を4枚焼きます。長さを半分に切り、細切りにし錦糸卵を作っておきます。

ガスコンロの温度調節機能を「140℃」に設定しておくと、コンロが自動で火加減を調節してくれます。

2
調理工程2

オクラは、塩小さじ1/2(分量外)で板ずりし、塩付きのまま沸騰した湯で2分程茹で、粗熱がとれたら、2~3mmの厚さに切ります。えびも1cm幅に切ります。

3
調理工程3

きゅうりは、3cmの長さの千切りにし、塩をまぶして5分程置きます。(B)を混ぜ合わせ、水気を絞ったきゅうりを入れて和えます。

4
調理工程4

すし飯をカップの半分まで入れて、③のきゅうりをのせ、さらにすし飯を入れます。錦糸卵をのせ、えびとオクラを飾れば完成です。

関連生活情報

コンロの基本「温度キープ・揚げ物」
コンロの基本「温度キープ・揚げ物」
  • 料理

揚げもの温度調節機能(温度キープ機能)は、設定した温度に応じて、ガスコンロが自動で設定温度を保つように調節してくれる機能です。微妙な火加減をガスコンロがしっかりコントロールしてくれるので、いつもの料理がグッと美味しく仕上がります。