ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

レシピ 相性バツグン!きくらげの卵炒め丼

相性バツグン!きくらげの卵炒め丼

調理時間:25分

  • ごはんもの
  • ごはん・めん
  • 中華・エスニック

きくらげの卵炒め丼
丼にしても、そのままおかずにしてもおいしくご飯がすすむので、夏ばて防止にもなります。
きくらげの鉄とカルシウムの含有率は、他のきのこ類と比べると、ひときわ多いのが特徴です。鉄という成分は吸収率が低いのが難点で、そのため不足しやすい栄養素のひとつですが、たんぱく質と一緒に摂取すると吸収がよくなります。豚肉との組み合わせであるこの料理は相性がバツグンで、貧血などの多い女性には大変おすすめの一品です。

材料 ( 4人前)

ご飯 小どんぶり4杯分
4個
豚ばら肉 200g
きくらげ 15g
やっこねぎ 2本
少々
サラダ油 適量
にんにく 1片
生姜 15g
ごま油 少々
(A)
小さじ1
醤油 小さじ1
(B)
醤油 大さじ3
大さじ1.5
砂糖 少々

作り方How to cook

下ごしらえ

豚肉は一口大に切り、(A)をふっておきます。きくらげはぬるま湯でもどし、石づきを切り落として洗います。青ねぎは2~3mmの斜め切りにします。
1
調理工程1

フライパンにサラダ油を熱し塩を加えた卵を炒めます。大きめのいり卵を作り、お皿に移しておきます。パラパラにならないように、少し半熟くらいにしておくのがベストです。
生姜とにんにくはみじん切りにしておきます。

2
調理工程2

豚肉を炒めます。フライパンにサラダ油をひき、豚肉をほぐしながら炒め、にんにく、生姜を加えます。
豚肉に火が通ってきたらきくらげとねぎを加え、炒まったら(B)の合わせ調味料を加えます。

3
調理工程3

②の卵を加え、ごま油で風味をつけて火を止めます。
器にご飯を盛り、その上にのせたらできあがり。