ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

おでかけ 大原美術館
 
倉敷市街・倉敷美観地区
おおはらびじゅつかん
大原美術館
世界的巨匠による作品から、現代アートまで幅広い世代・ジャンルにわたり展示しています。
  • 美術館・アート
住所
〒710-8575 岡山県倉敷市中央1-1-5 マップを見る
営業時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日
月曜日 ※祝日の場合は開館、7月中旬~8月、10月は無休

世界的芸術家の名画に魅了される美術館

大原美術館は、倉敷の実業家であった大原孫三郎がパトロンとして援助していた洋画家、児島虎次郎に託して収集した西洋美術をはじめ、中国美術、エジプト・中近東美術を展示するため、1930年(昭和5年)に開館しました。ギリシャ神殿風の外観と、とくに西洋美術のコレクションで有名な大原美術館は我が国で最初の西洋近代美術館です。

モネの『睡蓮』は画家本人から、エル・グレコの『受胎告知』はパリの画廊で売りにでていたものを児島虎次郎自身が直接購入したものです。他にも、ポール・ゴーギャンの『かぐわしき大地』など、誰もが知っている数々の作品が展示されており、所蔵作品には3000点以上にものぼります。

戦後、そのコレクションを欧米の現代美術、日本の近代美術、民芸運動に関わった作家の工芸作品などへと幅を広げ、コレクションの拡充に伴い、分館、工芸・東洋館、児島虎次郎記念館と、展示館も増設されました。

世界的巨匠による作品から、現代アートまで幅広い世代・ジャンルにわたり、世界中の観光客が足を運んでいます。

関連ページ

芸術をもっと身近に楽しもう
  • 住所
    〒710-8575 岡山県倉敷市中央1-1-5
  • 電話番号
    086-422-0005
  • ホームページ
  • 営業時間
    9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日
    月曜日 ※祝日の場合は開館、7月中旬~8月、10月は無休
  • 駐車場
    近隣にコインパーキングあり(倉敷市立図書館前ほか)
  • 料金
    大人1300円
    大学生800円
    小・中・高校生500円
    20名以上の団体は大人1200円、大学生700円 、小・中・高校生300円
  • アクセス
    車:山陽自動車道倉敷IC→国道429号線南下約10分→県道22号線を南下約10分
    電車:JR山陽本線倉敷駅→倉敷美観地区方面へ徒歩約15分
  • 車椅子用トイレあり
  • 売店あり
  • 自動販売機あり
  • 授乳室あり
  • おむつ替えシートあり
  • すべて
  • グルメ
  • 美容と暮らし
  • おでかけ
  • クーポンあり