ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

おでかけ 造山古墳
 
  • クーポンを見る
  • イベントを見る
  • 求人情報を見る
吉備路・足守・総社
つくりやまこふん
造山古墳
岡山県内では第1位の大きさを誇る巨大古墳。誰でも立ち入ることができる古墳としては、国内最大の大きさ。
  • 古墳・歴史的建造物
  • 駐車場完備
住所
〒701-1344 岡山県岡山市北区新庄下 マップを見る

全国第4位の墳丘規模を持つ巨大古墳

造山古墳は、岡山県では1位、全国では4位の大きさの前方後円墳。
古墳時代中期(5世紀初め)の古墳としては、全国最大級で造営当時は1、2位を争う巨大古墳でした。

全長約350m、後円部復元径約200m、後円部高さ約30m、前方部幅約215m、高さ約22.4mで、三段築成の墳丘を持ちます。地形を利用して削り盛土をしながら古墳を形作ったと推定され、この古墳の築造に必要とされた労働力は推定約150万人にのぼると考えられています。

古墳の周囲には6基の陪塚(ばいちょう)があり、千足古墳(せんぞくこふん)や榊山古墳(さかきやまこふん)の石室や出土品の特徴から、九州や朝鮮半島との交流がうかがえます。
陪塚とは同時期に大型の古墳の周りに、計画的に配置されたとみられる小型の古墳のことで、首長に近しい人物を埋葬するために築造されたと考えられています。

これらのことから造山古墳は吉備地方一帯を支配した大首長のお墓ではないかと推測され、大和政権に対抗し得る勢力を持ち合わせていたともみられています。

自由に登って歩けるのが魅力!

造山古墳は誰でも入れて自由に見学できる古墳としては日本最大の大きさ。
前方部頂上には九州の阿蘇溶結凝灰岩でできた石棺や、魔よけの意味を込めて内面が赤く塗られた蓋石などがあり、いずれも間近で見ることができます。

造山古墳保存整備事業による発掘調査も定期的に実施されています

造山古墳では、平成28年度以降から定期的に発掘調査が行われています。
発掘では土を掘ることで、埴輪の破片が出土したり、表面に並べられていた葺石(ふきいし)の一部を確認することができます。今後も調査が進むことで、古墳の正確な大きさや形、構造などの解明が期待されます。

造山古墳の発掘調査の結果については説明会なども開催されていますので、興味がある方はぜひ足を運んでみては。

関連ページ

桃太郎と温羅 古代吉備地方を訪ねて

自転車orハイキングで吉備路の春を満喫!

  • 住所
    〒701-1344 岡山県岡山市北区新庄下
  • 電話番号
    086-803-1611(岡山市教育委員会事務局 生涯学習部 文化財課)
  • 駐車場
    30台
  • アクセス
    車:岡山自動車道総社または岡山IC→国道429号線を南下約5分→県道270号線を岡山方面へ約5分
  • 備考
    ※造山古墳に関するお問い合わせは、上記の「岡山市教育委員会事務局 生涯学習部 文化財課」まで。
  • 駐車場完備
  • 自動販売機あり
  • すべて
  • グルメ
  • 美容と暮らし
  • おでかけ
  • クーポンあり