ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

おでかけ 吉備津神社
 
  • クーポンを見る
  • イベントを見る
  • 求人情報を見る
岡山市郊外
きびつじんじゃ
吉備津神社
県内で最も古く大きな神社。桃太郎のモデルとなった大吉備津彦命(きびつひこのみこと)とゆかりが深く、特に釜の音で吉凶を占う「鳴釜神事」は、『雨月物語』にも登場するなど全国的に有名。
  • 神社・仏閣
  • 駐車場完備
住所
〒701-1341 岡山県岡山市北区吉備津931 マップを見る
営業時間
参拝 5:00~18:00 
ご祈祷 8:30~16:00 
鳴釜神事 9:00~13:30(金曜日・5月/10月の第2日曜日・12月28日は除く)
定休日
年中無休、ただし御釜殿は金曜日・5月/10月の第2日曜日・12月28日は休み

大吉備津彦大神を主祭神とする山陽道屈指の大社

吉備国の総鎮守で、岡山県内では最古。
祭神は温羅伝説に登場する大吉備津彦命とその一族で、同じ本殿の北東部・艮御崎宮(うしとらおんざきぐう)に温羅も祀られている珍しい神社です。

創建について詳しいことは分かっていませんが、吉備津神社の本殿及び拝殿は1425年(応永32年)に一体のものとして再建されました。鳥が翼を広げたように見える「比翼入母屋造(ひよくいりもやづくり)」の勇壮な社殿は、国内唯一の様式として「吉備津造り」と呼ばれています。

再建は1390年(明徳元年)に室町幕府三代将軍であった足利義満が、後光厳天皇から命じられたもので、備中守護職 細川満之が将軍から命を受け、再建工事の責任者になりました。地方の豪族の総力を集結して復興に着手し、約30数年の歳月をかけて壮麗な大神殿が完成。
このときの棟札(修築などの記録や記念に建物内部の高所に取り付けられる札)の写しは現在も残っており、2枚とも国宝に指定されています。

また、本殿・拝殿以外にも多くの文化財が残されています。
県指定文化財の約400m続く本宮社までの廻廊は日本一の長さを誇っており、こちらも室町時代の棟札が残っています。木造獅子狛犬・御竈殿・南北の随神門は国の重要文化財に指定されており、いずれも古い歴史を感じることができます。

特に「御竈殿」は、釜の鳴り具合によって吉凶を占うという「鳴釜神事(なるかまのしんじ)」でも有名で、申し込めば誰でも占ってもらうことができます。

温羅退治の伝説と吉備津神社の関係

吉備津神社は、吉備に伝わる大吉備津彦命(桃太郎)と温羅の伝説とも縁が深いことでも有名です。

吉備津神社が建っているのは、大吉備津彦命が温羅との戦いに備えて陣を構えた「吉備の中山」の麓。命が戦いの際に矢を置いたとされる「矢置岩」や、鬼の首が埋まっているとされる「御竈殿」など、温羅伝説ゆかりの場所も数多く残されています。

毎年1月3日には矢置岩の前で空に矢を放つ「矢立の神事」が行われており、初詣に訪れた参拝者でにぎわいます。

吉凶を占う「鳴釜神事」

【受付】9:00~13:30(当日申込みも可)
【祈祷料】3000円~
※毎週金曜日・5月/10月の第2日曜日・12月28日は受付不可

吉備津神社で有名なのが、御竈殿で行われる「鳴釜神事」。
火を使う神事なので柱や天井が煤で自然と真っ黒になったそうで、黒く光る柱から長年の歴史を感じさせられます。

鳴釜神事では、ご祈祷を済ませた後、廻廊を渡って御竈殿へ。湯を沸かした釜の上にセイロをのせて玄米を振ると、不思議と「ヴォーン、ヴォーン」と鬼が唸るような音が建物の外まで鳴り響きます。

この釜からでる音の大きさや長さで吉凶を占いますが、聞こえ方は人によって様々で、同じ音を聞いていても「全く聞こえなかった」という方も。音を判断する際のひとつの考え方としては、音が心地良ければ吉、不安なら凶。ただし、占いの結果はあくまで本人の判断にゆだねられます。

御竈殿で神事に仕える巫女は阿曽女(あぞめ)と呼ばれます。伝承では温羅の妻であった阿曽郷の祝の娘・阿曽媛が鳴釜神事に奉仕したとされており、現在でも総社市にある阿曽の一族の巫女が神事に携わっていることがあるそうです。

鳴釜神事は申込みをすれば誰でも受けることができ、全国から多数の参拝者が訪れます。

関連ページ

桃太郎と温羅 古代吉備地方を訪ねて

岡山の神社ガイド自転車orハイキングで吉備路の春を満喫!

春におすすめ!おでかけスポット

  • 住所
    〒701-1341 岡山県岡山市北区吉備津931
  • 電話番号
    086-287-4111
  • ホームページ
  • 営業時間
    参拝 5:00~18:00 
    ご祈祷 8:30~16:00 
    鳴釜神事 9:00~13:30(金曜日・5月/10月の第2日曜日・12月28日は除く)
  • 定休日
    年中無休、ただし御釜殿は金曜日・5月/10月の第2日曜日・12月28日は休み
  • 駐車場
    400台/バス3台
    ※年始(1/1~1/5)のみ駐車整理料として普通車は500円、バスは1000円が必要。
  • アクセス
    車①: 岡山自動車道総社IC→国道180号線を岡山方面へ約15分
    車②: 山陽自動車道岡山IC→国道53号線を岡山方面→総社方面へ→国道180号線を総社方面へ約10分
    電車: JR吉備津駅→徒歩約10分
  • 駐車場完備
  • すべて
  • グルメ
  • 美容と暮らし
  • おでかけ
  • クーポンあり