ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

特集 秘密にしておきたい!お気に入りカフェ厳選2店

秘密にしておきたい!お気に入りカフェ厳選2店

  • グルメ

更新日:2020年03月02日

ガスポのスタッフはネタ探しに日々奔走。そんな中には、たくさんの方に知ってほしいと思う反面、ひとりじめしたくなるお店だってあるんです!今回はそんなお気に入りのお店の中から、ライター「きよ子」の一押しカフェを2店舗紹介します。

アメノコヤネ

横井上の「cafe serrata(セルラータ)」が移転リニューアル。たて・よこ3mもあるアンティークの扉をくぐると、随所に植物を配したノスタルジックな空間が迎えてくれる。

アメノコヤネの外観・内観

ユニークな経歴の持ち主で、お話し上手な店主との会話が楽しめるカウンターは特等席!

インパクト大の外扉をはじめ、漆喰やベンガラの壁など店の内外に店主のこだわりが。天然素材で作り上げた空間はいつ来ても気持ちよく、照明や椅子など時代を重ねたものたちの存在も愛おしい。

コーヒーのネーミングにも遊び心満点!

アメノコヤネのコーヒー
「読書家ブレンド」「アフターラーメンブレンド」「その時のブレンド」…コーヒーのネーミングセンスが秀逸(500円~)。
アメノコヤネのホットココア
きよ子のいちおしは、大人な味の「ホットココア(780円)」。しっかり立てられたモコモコの泡に角砂糖を乗せて、自然に沈むのを楽しむのがきよ子流。
アメノコヤネの自家製スイーツ
お手製のスイーツは毎日2、3種類。焼菓子や季節の果物を使ったムースなど種類はさまざま。

きよ子メモ

仕事で失敗したとき、生き方に迷ったとき、そしてとびきり嬉しいことがあったときも、つい足が向いてしまうお店。カウンター席に座って店主と会話するだけで、こころが和んでいつの間にか笑っている。「雨宿りできる小さな屋根に」という店名の由来に納得!とにかく居心地よし。

喫茶 アメノコヤネ(きっさ あめのこやね)

  • 【住所】岡山県岡山市北区津島京町1-1-21
  • 【TEL】なし
  • ※小さなお子様連れのお客様はご遠慮ください。

ホトトギスファームカフェ

パン屋さんとして人気を博したホトトギスファームが、奥様のセリアック病(小麦アレルギーのようなもの)発覚を機に方針転換。稲作を主とした循環農業を中心に据え、米・卵・豆など自家栽培の農産物で作るグルテンフリーの焼き菓子などを販売。2018年にカフェが誕生し、2020年1月リニューアル。

ホトトギスファームカフェのファーマーズプレート

ホトトギスファームは御津にあり、環境にできるだけ配慮した有機循環農法を実践。ここで収穫する米の9割が米粉になり、カフェで提供されるメニューや商品に使われている。

きよ子いちおしの「ファーマーズプレート1500円(税抜)」は、季節のおいしさを存分に味わえる一品。内容は収穫物によって変わるので、何度いただいても新鮮!!ホトトギスファームで育てた野菜や卵もふんだんに使われ、体の中に元気が沁みわたるよう。

米粉のおいしさが堪能できるブラウニーは手土産に◎

ホトトギスファームのブラウニー
サラさんが焼く人気のブラウニー227円(税抜)は、材料を小麦粉から米粉に変えて試行錯誤した結果、しっとり感が増して予想外のおいしさが生まれたのだとか。米粉のもっちり感がマッチしたというカヌレや、豆乳・ヨーグルトを使ったマフィンなど、米粉の良さが生かされているものばかり。
ホトトギスファームの焼き菓子
ギフト用のパッケージもほら、こんなにおしゃれ。

きよ子メモ

オーナーの吉原さんは小学生時代から中東やヨーロッパに暮らし、アメリカの大学で数学を専攻していたという国際派。カリフォルニア出身の奥様・サラさんと理想の農業+暮らしを営むために岡山へ。サラさんの作るブラウニーはしあわせの味!

ホトトギスファームカフェ(ほととぎすふぁーむかふぇ)

  • 【住所】岡山県岡山市北区津島笹が瀬1-36
  • 【TEL】086-250-8415

周辺マップ

今回紹介した店舗の周辺マップはこちら。

周辺マップト

あわせてチェック!岡山県内のグルメ&おでかけ特集

品種図鑑付きいちご狩りガイド

桃太郎と温羅 古代吉備地方を訪ねて

倉敷カフェごはん!人気&話題のカフェ

わざわざ行きたいモーニング・朝市