ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

特集 お正月に!手作りおせち料理とお雑煮のレシピ15選

お正月に!手作りおせち料理とお雑煮のレシピ15選

  • レシピ

更新日:2018年12月25日

一年のはじまりにいただく「おせち料理」。一見難しそうに見えますが、実は家庭にある材料で簡単に作ることができるものも。

今回は手軽に作れるものを中心に、お雑煮やお寿司などお正月のお祝いにぴったりなおせちレシピを集めました。お重のおせち全てを手作りするのは大変ですが、今年は一部だけでも手作りに挑戦してみませんか?

作る前に覚えておきたいお節料理の豆知識

おせち料理の盛り付け例

全てそろえると約30種ほどあるとも言われるおせち料理ですが、大きく分類すると「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」の5種類に分かれます。

お重の中に何を詰めるべきか迷ったときに覚えておきたいのが「祝い肴三種」。
おせち料理の中でも特に欠かせない代表的な三品を「祝い肴三種」と呼んでおり、この三品+お餅がそろえば、お正月を迎えられるとされています。

祝い肴三種の内容は地域によって異なり、関西では黒豆、数の子、たたきごぼうの3つ。関東では黒豆、数の子、田作り(ごまめ)の3つとなっています。

また、おせち料理ではどのお重にどの料理を詰めるかが決まっており、それぞれ階層ごとに上から一の重、二の重、三の重、与の重と呼びます。
四番目のお重は「四」が「死」を連想し縁起が良くないことから、漢字に「与」を使います。

一般的には、一の重に祝い肴・口取り二の重に焼き物三の重に酢の物与の重に煮物を詰めます。
人数にあわせてお重三段にまとめるときには、二の重に焼き物・酢の物をまとめます。
二段にまとめる場合は一の重に祝い肴・口取りを、二の重に煮物をつめて、残りはお好みで振り分けて詰めてみてください。

一の重(祝い肴、口取り)

一の重(お重の一番上の段)には、数の子や黒豆、田作り、たたきごぼう等のおせち料理には欠かせない祝い肴三種をはじめ、栗きんとん・伊達巻きなどの甘い料理「口取り」を詰めます。

黒豆
【ふっくら黒豆】

祝い肴三種の一つ。一見難しそうな黒豆ですが、煮込むだけで簡単においしく作れます。残った黒豆はスイーツにアレンジするのもおすすめ。

ナッツいっぱいごまめ
【ナッツいっぱいごまめ(田作り)】

祝い肴三種の一つ。ごまめとはカタクチイワシの稚魚を干したもので、一般的に煮干しとも呼ばれます。炒めるだけで簡単♪

たたきごぼう
【たたきごぼう】

祝い肴三種の一つ。こちらもゴボウを茹でてあえるだけと簡単。たたいて繊維をやわらかくするのが、味がしみこみやすくなるコツです。

お肉の昆布巻き
【お肉の昆布巻き】

豚肉を昆布で巻いた一品で、かんぴょうで真ん中をしばります。やや手間がかかる料理ですが、あればお重がグッと引き締まる一品です。

伊達巻き
【伊達巻き】

実は自宅にある材料で作れる伊達巻き。花のような特徴的な形は、生地を焼いた後に巻き簾で巻いて形成します。

ダッチde焼き芋栗きんとん
【ダッチde焼き芋栗きんとん】

ダッチオーブンを使ってじっくり火を通すことで、焼き芋が甘く仕上がります。つぶすときはていねいに裏ごしすることで、なめらかな食感に。

二の重(焼き物)

二の重(上から二段目のお重)には、「焼き物」として焼き魚やエビなどの海の幸を詰めます。

ぶりの照り焼き
【ぶりの照り焼き】

大きくなると名前が変わる鰤(ブリ)は、出世魚としても知られる縁起の良いお魚。煮込むときにはたれをかけながら焼くことで味がよく絡みます。

梅花八幡巻き
【梅花八幡巻き】

ゴボウやニンジンなどの根菜類を、まるで梅の花のような形に巻き上げました。切ると色鮮やかで、お正月のお祝いの席にぴったり。

三の重(酢の物)

三の重(上から三番目のお重)には「酢の物」。酢レンコンや紅白なます等を詰めます。

紅白ピクルス
【紅白ピクルス】

ニンジンと大根で作る紅白模様がかわいいピクルス。材料を切ったらピクルス液につけておくだけなので、とっても簡単♪

酢レンコン
【酢レンコン】

こちらもピクルスと同じく、ゆでたレンコンを甘酢につけこむだけ。穴と穴の間はV字に切り込みをいれることで、かわいい花形に。

与の重(煮物)

与の重(上から四番目のお重)には「煮物」。クワイや里芋、レンコン、しいたけなど、山の幸を使った煮物・筑前煮を詰めます。

お煮しめ
【お煮しめ】

里芋やにんじん、シイタケ等で作るお煮しめ。にんじんとレンコンは花の形に切り込みをいれることで、見た目も華やかに仕上がります。

お雑煮・お寿司のレシピ

おせち料理とあわせて食べたいお餅を使ったレシピや、お祝いの席にふさわしいお寿司のレシピを紹介します。

塩ぶりのお雑煮
【塩ぶりのお雑煮】

出世魚のブリをお雑煮に加え、コクのある味わいに。その他にも里芋や大根、にんじん等を加えて具沢山に仕上げました。

みぞれ雑煮
【みぞれ雑煮】

おもちを一度油で揚げることで、一風変わった食感のお雑煮に。一緒に大根おろしをたっぷり添えて、後口もさっぱり。

桜寿司
【桜寿司】

雑穀を混ぜて炊くことで、ご飯がほんのりピンク色に。仕上げに錦糸卵をトッピングしました。簡単なのに華やかで、おもてなしにぴったり。

お茶漬け餅
【お茶漬け餅】

お餅にわさびと刻みのりをのせた、さっぱり食べられる一皿。おもちが食べきれなかったときにもオススメです。

関連ページ:知っておきたい!お正月の豆知識と神社の参拝方法

お正月に関する習慣や食べ物の由来や、初詣を前におさえておきたい神社への参拝方法を紹介しています。

お正月の豆知識と神社の参拝方法

過去のレシピ特集一覧はこちらから

特集レシピ一覧を見る