ガスポ Gaspo 岡山のグルメ&暮らしの情報サイト

イベント [開催終了]備前長船刀剣博物館「県内外の赤羽刀展」
[開催終了]備前長船刀剣博物館「県内外の赤羽刀展」
平成12年に文化庁から岡山県や香川県に譲渡された「赤羽刀(あかばねとう)」を集めた展覧会。県内外に譲渡された赤羽刀のうち、備前刀を中心に40口が展示されます。
開催日
2月1日(土) ~ 3月29日(日)
開催時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)※毎週月曜日(祝日の場合は翌日)休館
開催場所
備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館
所在地
岡山県瀬戸内市長船町長船966 MAP マップを見る
WEB
http://www.city.setouchi.lg.jp/token/
料金
一般:500円、高・大学生:300円、中学生以下無料
※障がい者手帳等の持参者および付き添い1名まで無料
※高・大学生は学生証の提示が必要です
お問合せ先
0869-66-7767

戦後の激動の時代を経て後世に伝わった「赤羽刀」

現在、美術刀剣の登録数は約270万口と言われています。しかし、かつて日本に存在していた日本刀はこの数倍あったとされ、長い歴史の中で数多くの日本刀が消失しています。

特に第二次世界大戦後には、GHQが武装解除を目的に行った刀剣類の接収により多くの日本刀が消えていきました。この時、東京の赤羽にあった兵器廠(へいきしょう)には、関東を中心とした地域で接収された日本刀が集められ、廃棄される寸前であった日本刀のうちの何割かは、有識者の交渉努力によって返還されます。
これらの刀剣は集められた場所の名前をとって「赤羽刀」と呼ばれています。

今回の展示では、平成12年に文化庁から岡山県や香川県に譲渡された赤羽刀を集めた展示を行います。

主な展示品

県内外に譲渡された赤羽刀のうち備前刀を中心に40口展示。

期間中のイベント

公開古式鍛錬

職人が鎚をふるい1300度の高熱で玉鋼(たまはがね)を打ち延ばす、昔ながらの鍛錬方法の実演。写真・動画撮影もでき、火花が飛び散る様子はSNS映え間違いなし。
※三脚や椅子を使用しての撮影は不可。

●日程:2020年2月9日(日)、3月8日(日)
●時間:1回目:11~12時、2回目:14時~15時
●参加費:無料(要入館料)

【要予約】小刀製作講座

現役の刀匠(とうしょう)から学べる本格的な小刀製作講座。ヤスリをかけ、銘を切って、自分だけのマイ小刀が作れます。

●日程:2020年2月1日(土)・15日(土)、3月7日(土)・21日(土)
●時間:10時~16時
●参加費:材料費 1口15000円、受講料 2000円/1回あたり
●対象:中学生以上(中学生は保護者同伴の受講をお願いします)
※2~4回程度の受講で完成(個人差あり)。

【要予約】日本刀手入れ講習会

現役の研師から日本刀の手入れ方法が学べる、初心者向けの講習会です。指導は基本的には博物館所蔵の刀剣を使用して行います。

●日程:2020年2月15日(土)・23日(日)、3月21日(土)・29日(日)
●時間:11時~12時
●受講料:無料(要入館料)
●対象:中学生以上(中学生は保護者同伴の受講をお願いします)

古式鍛錬
小刀製作の様子

MAP

  • すべて
  • グルメ
  • 美容と暮らし
  • おでかけ
  • クーポンあり